みんなでつなごう いのちとこころの絆 ~9月は岩手県自殺防止月間です~

2018年9月1日

910日の世界自殺予防デーにちなみ、910日~16日は「全国自殺予防週間」、91日~30日は「岩手県自殺防止月間」となっています。

雫石町の自殺死亡率は国や県と比較して高率で推移しています。大切な命を自殺から守るため、一人ひとりができることを始めてみましょう。

 

 

自殺予防への関心をもつ、理解を深める ~自殺は社会の課題~

 

○自殺はその多くが追い込まれた末の死です

自殺をする人の多くの場合は、うつ病等の精神疾患の影響により正常な判断を行うことが出来ない状態の中で、耐え難い苦しみから逃れるための唯一の方法として「自殺」を選択すると言われています。

自殺は特別な人だけに起こるものではありません。誰にでも起こり得る危機です。

 

 

○自殺はその多くが防ぐことができます

 悩みの原因への適切な対応や、精神疾患の治療により多くの自殺を防ぐことができます。

 

 

○自殺を考えている人は悩みを抱えながらもサインを発しています

 自殺を考えている人も、生きたいという気持ちとの間で激しく揺れ動いています。

 救いが入るのを待ち望む心が、自殺のサインとして言動として発せられることがあります。

 

 

あなたにもできる自殺予防のための行動

 

【気づき】家族や身近な人の変化に気づいて声をかける

 

・生活の変化は悩みの大きな要因

 昇進、引っ越し、出産など、一見他人には幸せそうに見えることでも、本人にとっては大きな悩みになる場合があります。

 

・周囲から見てわかる「いつもと違う」様子

 表情が暗い、涙もろい、口数が少なくなった、反応が遅いなど

 

 

【声かけ】温かく声をかけ、心配していることを伝える

 

・なぜ声かけが必要か

 悩みを抱えている人は、「結局自分で解決するしかないのでは」「話しても分かってもらえないのでは」など様々な不安や心配から一人で悩みを抱えて孤立してしまうことがあります。声をかけて一緒に悩み、考えることが孤立を防ぎ安心を与えます。

 

・声かけの仕方に悩んだら

 どうしたの?なんだか辛そうだけど・・・

 この頃元気ないようだけどどうしたの?

 だいぶ疲れているようだけど、大丈夫?

 何か力になれることはない?

 

 

【傾聴】本人の気持ちを尊重し耳を傾ける

 

・「話しを聴くだけでは何もならない」と感じる人もいると思いますが、傾聴は悩みを抱えている方への大きな支援となります。

 

・話を聴く時のポイント

 本人を責めたり、安易に励ましたり相手の考えを否定することは避けましょう。

 話を聴いたら「大変でしたね」「よくやってきましたね」というように、ねぎらいの気持ちを言葉にして伝えましょう。

 

 

【つなぎ】早めに専門家に相談するように促す

 

・心の病気や経済的な問題などを抱えているようであれば、医療機関、公的相談機関などの専門家への相談につなげましょう。

 

・相談窓口に確実に繋がることができるように、相談者の了承を得たうえで、可能な限り連携先に直接連絡を取り、相談の場所や日時等を具体的に設定して相談者に伝えるようにしましょう。

 

・相談窓口までの地図やパンフレットを渡したり、交通手段等の情報提供をするなどの支援を行いましょう。

 

・相談を受けた側も一人で抱え込まず、プライバシーに配慮した上で、家族や友人、上司といったキーパーソンの協力を求めましょう。

 

 

【見守り】温かく寄り添いながらじっくりと見守る

 

・中には、なかなか相談につながらない方もいるかもしれません。そんなときには、あせらずに温かく見守ることも支援の一つです。

 

 

自分自身のこころの健康を守るために

 

辛い状況を乗り越えるための対処法は人それぞれです。

・疲れた時は休養や睡眠を十分にとること

・趣味や余暇活動で気分転換をはかること

・身近な人とコミュニケーションをはかること

・ものの見方や考え方を変えてみること ・・・等

 

セルフケアも大切ですが、辛い時には人に相談したり、支援を求めたりすることも、こころの健康を守るために必要な力です。

 

 悩みを一人で抱え込まずに相談してください。

 

  

 

≪心の健康相談のお知らせ≫

 

 気持ちが落ち込む、眠れない、イライラする、誰とも会いたくない、もの忘れがある、飲酒量が増えた・・・等、こころの問題や悩みのある方、家族や大切な人のことでお困りの方など、精神科医が相談に応じます。

 

〇相談日  平成30年10月16日(火)、11月20日(火)、12月11日(火)、平成31年2月19日(火)

〇時間   14時半~

〇相談医  未来の風せいわ病院 理事長 智田文徳 医師

〇場所   雫石町健康センター、相談者宅 等

〇申込み  予約制ですので、事前に健康推進課(℡692-2227)まで連絡をお願いします。

 

~保健師による相談、家庭訪問は随時行っております~

 

 

 

 

 【相談窓口一覧】

 

 県内の相談窓口一覧(県のホームページにリンクします)

 

 相談窓口一覧.pdf(361KB)

 

 

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課
電話:019-692-2227