瀧沢さんがいわて牛枝肉研究会最優秀賞受賞を報告

2015年7月28日

 7月27日(月)、瀧沢卓さんが、雫石町役場を訪れ、深谷町長に第23回いわて牛枝肉研究会最優秀賞受賞の報告をしました。

 第23回いわて牛枝肉研究会は6月26日、東京都中央卸売市場食肉市場で開催され、県内から黒毛和種60頭(去勢36頭、雌24頭)が上場された中、雫石町の瀧沢さんの出品牛(去勢)が見事最優秀賞に輝きました。
 審査は全体のバランス、ロース芯やバラの厚さなど細部にわたり行われ、瀧沢さんの出品牛は、脂肪交雑(12段階)が最高値12、格付けが最高のA5評価、枝肉単価2,634円と素晴らしい成績を収めました。

 深谷町長は「雫石の畜産は、若手・中堅が頑張っている。町としての誇りだ」と讃え、瀧沢さんは「良い牛だったので自信はあったが、想像以上の結果で驚いている」と受賞の喜びにひたりました。

 

20150727takisawa.jpg