雫石地区防犯交通安全協会から新一年生に防犯啓発物品が贈られました。

2015年4月14日

4月14日(火)、雫石地区防犯交通安全協会(川崎貢会長)から、雫石小(齋藤卓也校長、児童数325人)の新一年生44人に、防犯の標語が書かれた下敷きが贈呈されました。

同協会では毎年、雫石小と七ツ森小の新一年生に、防犯や交通安全を促すため啓発物品を贈っています。

今回贈られた下敷きには、防犯標語「いかのおすし」(ついていかない、のらない、おおごえをだす、すぐにげる、しらせる)が記載されています。

20150414bouhann.jpg