雫石小学校児童が「雫石スープカレー」を学習

2014年12月9日

 12月9日(火)に雫石小学校4年生の児童が、社会科見学として雫石銀河ステーションを訪れ、「雫石スープカレー」について学習しました。 

 スープカレー誕生の経緯や使われている食材、作る上でのこだわりなどについて説明を聞き、熱心に質問しました。

 その後、1階のレストランでは実際に提供されている「雫石ホワイトスープカレー」と「雫石トマトスープカレー」を試食し、「ホワイトスープは優しいまろやかな味」や「トマトスープカレーはピリッとしているけどおいしい」などの感想が述べられました。

 今回の見学のまとめとして、「雫石スープカレー」のポスターやチラシを児童たちが作成し、同レストランなどで掲示される予定です。

 


雫石スープカレーに使われる食材について説明をききました


雫石スープカレーは「南部かしわ」のスープが使われています


続いてレストランで説明を聞きました


ホワイトスープカレーとトマトスープカレーを試食しました


みんなで一口ずつ試食しました


ご飯も野菜も雫石産を使用しています

お問い合わせ

雫石町役場