遭難対策合同訓練を実施しました。

2014年11月9日

 南岩手山岳遭難対策委員会(会長:深谷政光雫石町長)は、山岳遭難事案に備えるため、11月9日(日)に三ツ石山登山道付近において、盛岡・滝沢・雫石救助隊、盛岡西警察署、岩手県防災航空隊、盛岡西消防署の参加者55人で遭難対策合同訓練を実施しました。

 訓練は、遭難者の捜索、遭難者の防災ヘリにより救助・救出、ヘリのダウンウォッシュ体験、消防署員による負傷者の搬送要領や応急救命の展示がされました。

 不測の事態に備え登山時には必ず登山届を提出しましょう。万が一遭難した際は冷静に行動し、110番通報を行ってください。

 

お問い合わせ

雫石町役場