県民スポーツ・レクリエーション祭「チャレンジ!The 3B体操」が開催されました。

2014年11月1日

 11月1日(土)、岩手県営体育館にて、県民スポーツ・レクリエーション祭「チャレンジ!The 3B体操」が開催され、岩手県内の同協会会員約150人と一般観覧者約50人がイベントに参加しました。

 協会指導者による指導のもと、会員はボール・ベル・ベルターの各用具を使った動きを個人や複数人で確認し、新たな演目の練習をするなど、約2時間のイベントを楽しみました。

 また、一般観覧者に対しても3B体操の用具が配布され、指導者とともに体を動かしました。

 3B体操とは、(1)ボール・ベル・ベルターという3種類の道具(3つのBが頭文字の道具)を使う、(2)参加者に合わせ、無理のない範囲でストレッチや有酸素運動、筋肉トレーニングを行うことができる、(3)年齢や人数に合わせた体操ができ、赤ちゃんを含んだ親子ペアや幼稚園・保育園のレク、小中学生の児童・生徒から高齢者グループ、障がいのある人でも行える、といった特徴をもった体操です。

 2016希望郷いわて国体では雫石町開催デモンストレーション・スポーツ(※1)となっており、今後も発表会や体験会などのイベントを継続して実施していきます。

 ※1 デモンストレーション・スポーツ(通称デモスポ)

  国体開催期間中に行われる、子どもからお年寄りまで幅広く親しまれている、あるいは親しむことのできるレクリエーション・スポーツ行事のことです。

 

お問い合わせ

雫石町役場