「霊灯り」が行われました

2014年8月16日

 8月13日と16日の両日、よしゃれ通り商店街と周辺地区で、お盆の伝統行事である迎え火・送り火をたく「霊灯り」が行われました。

 これは、上町や中町などの住民で構成する「まちづくり住民グループの会(高嶋昭一代表)」が中心となり、よしゃれ通りの活性化や被災地復興などの願いを込めて行ったもので、今年で4回目の取り組みとなります。

 通りのあちらこちらでは、赤々と燃え上がる霊灯りを囲む家族の姿が見られ、夏ならではの情緒感あふれる光景が広がっていました。

 

お問い合わせ

雫石町役場