第14回南部よしゃれ全国大会が開催されました

2014年8月3日

 8月3日(日)、雫石町中央公民館野菊ホールで、第14回南部よしゃれ全国大会(雫石町・南部よしゃれ全国大会実行委員会主催)が開催されました。

 今回の大会には、本町をはじめ東北、北海道、関東地方などから唄い手103人、踊り手11団体71人が参加。唄の部踊りの部でそれぞれ日本一を目指し、熱演のステージを繰り広げました。

各部の最優秀賞は次のとおりです。
年少・踊りの部 福田会こども会(盛岡市)
年少・唄の部 小野寺夏樹(矢巾町)
年長・唄の部 白沢孝一(八幡平市)
一般・踊りの部 あかね会(矢巾町)
一般・唄の部 東梅育恵(神奈川県川崎市)

 一般・唄の部で、10回目の出場で見事優勝した東梅さんは、「感無量。よしゃれは岩手を代表する民謡で、小さいころから唄ってきた。これからも大切に唄い続けたい」と、喜びをかみしめました。

 なお、この大会の模様は、IBCテレビ・ラジオにて放送が予定されています。
○テレビ 8月23日(土)15:30~16:00
○ラジオ 8月11日(月)19:00~20:00

 また、南部よしゃれの起源や唄の歌詞、歴代入賞者については、大会公式ホームページをご覧ください。(ホームページはこちら

 

第14回南部よしゃれ全国大会
年少・踊りの部 最優秀賞 福田会こども会(盛岡市)

第14回南部よしゃれ全国大会
年少・唄の部 最優秀賞 小野寺夏樹(矢巾町)

第14回南部よしゃれ全国大会
年長・唄の部 最優秀賞 白沢孝一(八幡平市)

第14回南部よしゃれ全国大会
一般・踊りの部 最優秀賞 あかね会(矢巾町)

第14回南部よしゃれ全国大会
一般・唄の部 最優秀賞 東梅育恵(神奈川県川崎市)

第14回南部よしゃれ全国大会
優勝の喜びをかみしめる一般・唄の部最優秀賞の東梅さん

お問い合わせ

雫石町役場