明るい選挙について

2014年12月24日

明るい選挙ってなに?

私たち国民の一人ひとりが、国や政治や県政、身近な市区町村の行政がどうなっているかについて、十分な関心と正しい認識を持ち、安心して政治をまかさられる代表者を選び出す「目」を持ち、貴重な一票で、積極的に投票に参加することが大切です。

「明るい選挙」とは、投票する人が、買収などに惑わされず、情実・利害などにとらわれることなく、自由な意思で投票し、選挙が公正に行われて、私たちの意思が政治に正しく反映される選挙のことをいいます。

選挙における「主役」は、政治家でもなければ政党でもなく、私たち国民であり、皆さん自身なのです。

 

三ない運動

「贈らない」  「受け取らない」  「求めない」

政治家が選挙区内の有権者に贈り物やお中元・お歳暮、差し入れ、お見舞いなど、お金や物を贈ることは法律で禁止されています。有権者が求めても受け取ってもいけません。

お問い合わせ

選挙管理委員会