農地を相続などしたら届出を

2014年12月23日

○農地を相続などしたときは、届け出が必要です。

(根拠:農地法第3条の3第1項)
届出が必要な農地の権利取得は、以下のとおりです。

  • 相続(遺産分割および包括遺贈を含む)
  • 法人の合併・分割
  • 時効等

 

○届出先

・農地の所在する農業委員会

 

○届出の期間

・農地の権利を取得したことを知った時点からおおむね10か月以内
例)農地所有者の死亡を知った日から10か月以内

※この届出をしたことにより、権利取得の効力を発生させるものではありません。
例)届出をしたことにより時効による権利の取得が認められる というものではありません。

 

○持参する物

  • 印鑑
  • 相続したことがわかる書面(相続登記済証、など)

 

○過料(根拠:農地法第69条)

・届出をしなかったり、虚偽の届出をしたときは10万円以下の過料に処せられる場合があります。

 

届出様式

農地法第3条の3第1項の規定による届出様式WORD
農地法第3条の3第1項の規定による届出様式PDF

お問い合わせ

農業委員会事務局
電話:019-692-6594