免税軽油に係るお知らせ

2014年12月23日

軽油引取税免税措置の拡充のお知らせ

地方税法施行令(昭和25年政令第245号)等の改正により、農作業のうち基幹的な作業(専ら機械を使用)のすべての委託を受けて農作業を行う者(基幹的作業受託者)にも免税措置が拡充されました。
(※作業の一部のみを受委託契約する場合は対象となりません。)

※この免税措置は、平成20年6月30日以降の軽油引取りについて適用となります。

 

農作業受託の分で軽油引取税の免税を受けたい場合

  • 農作業受委託契約書を農業委員会事務局までご持参下さい。
  • 耕作証明書(農作業受委託分)の交付申請をして下さい(認印持参)。
  • 契約書に基づいて耕作証明書を交付します。
    耕作証明書を交付されたら、その後の手続きは従来通りの免税軽油の手続きをして下さい。

 

基幹的作業とは…水稲の場合「耕起・代掻き、田植え、稲刈、脱穀調整」、麦、大豆は「耕起・整地、播種、収穫」等、専ら機械を用いて行われるすべての委託を受け、委託者に代わって現実に農作業を行う作業のこと。

※基幹的作業のうち一つでも欠けた場合は免税の対象となりません。

 

不明な点がございましたら、農業委員会事務局までお問い合わせ下さい。

 

農作業受委託契約書参考様式

一  般  用  PDF:105KBWord:45KB
参考様式第2号 PDF:45KBWord:33KB

 

PDFファイルを表示するにはアクロバットリーダーのダウンロードが必要です。
ダウンロードはこちらから→

お問い合わせ

農業委員会事務局