木造住宅耐震診断の募集について

2016年6月24日

地震への備えは必要です!

 

 今年4月に発生した熊本地震では、多くの木造住宅が倒壊しました。そのなかでも、強い本震に耐えることはできたものの、強度の限界に達した木造住宅はその後の余震によって倒壊にまで至ったと考えられています。

 そこで、町は震災に強い安全・安心なまちづくりを目指し、一戸建て木造住宅の「耐震診断」や「耐震改修」に要する費用の一部を助成します。

 この機会にお住いの構造的な強度を調べ、ご自身が住まわれている住宅の安全を確かめてみませんか?

 

○耐震診断事業

<対象となる木造住宅の要件>

 ①昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住宅

 ②在来軸組工法で建築されているもの

  ※軽量鉄骨造や一部鉄骨造などの混合造、ツーバイフォー工法、パネル工法などは対象外

 ③平屋建て又は2階建て

 

<費用>

 自己負担額 3,000円(税込)

 耐震診断士が現地調査に訪問した際にお支払いください。(町では、耐震診断費用30,850円のうち、27,850円を補助します。)

 

<募集戸数>

 3戸(先着順)

 

<必要書類>

 ・申込書、課税台帳調査、建築年月日が確認できる書類(建築確認通知書や固定資産課税証明書など)

   申込書.docx(19KB) 申込書.pdf(117KB) 同意書.docx(14KB) 同意書.pdf(61KB)

 

 

○耐震改修事業

<対象となる木造住宅の要件>

 耐震診断の結果、「倒壊する可能性が高い」、「倒壊する可能性がある」と診断され、耐震改修工事を実施する住宅

 

<費用>

 耐震改修工事費用の2分の1(上限60万円)

 

<募集戸数>

 1戸(先着順)

関連ワード

お問い合わせ

地域整備課
住宅公園G
電話:019-692-6579
ファクシミリ:019-692-2130