第二次雫石町保健福祉計画について

2015年7月1日

第二次雫石町保健福祉計画 ~支え合い・助け合いによりみんなでつくる福祉の町~

  • 地域福祉計画
  • 高齢者プラン(老人福祉計画・介護保険事業計画)
  • 障がい者プラン(障がい者計画・障がい福祉計画)
  • 子どもプラン(次世代育成支援地域行動計画)

※ 上記の各計画を合せたものを「第二次雫石町保健福祉計画」としています。

 

【第二次雫石町保健福祉計画とは】

第二次雫石町保健福祉計画は、平成18年から平成26年度までの計画期間であった雫石町保健福祉計画の基本理念を引き継ぎ、第二次雫石町総合計画を上位計画とし、地域保健福祉分野である「健やかでやすらぎあるまち(誰もがいきいきと暮らせるまちづくり)」を推進するための基本計画としての性格を持ちます。この計画は、地域福祉計画、高齢者プラン、障がい者プラン、子どもプランから構成されており、各個別計画との整合性を図り、中・長期的な視点で推進する計画として位置づけられています。

 

【計画の期間は】

保健福祉計画は平成27年から平成35年までの9年間として、3年毎に見直しを行います。

「地域福祉計画」は、平成27年から平成35年度までの9年間として、3年毎に見直しを行います。

「高齢者プラン」は、第6期介護保険事業計画の計画期間と合わせ、平成27年から平成29年までの3年間です。

「障がい者プラン」は、障がい者計画が、平成27年から平成35年度までの9年間で、3年ごとに見直しを行い、障がい福祉計画は第4期として、平成27年度から平成29年度までの3年間です。

「子どもプラン」は、平成27年から平成35年度までの9年間として、3年毎に見直しを行います。

 

 

↓ 標記計画は下記により、PDF版でダウンロード出来ます。 ↓

 

【概要版】

お問い合わせ

総合福祉課
福祉企画グループ
電話:019-692-6472