油の流出事故に注意!

2014年12月11日

油の流出事故が多発しています。

事業所や一般家庭のホームタンクから重油や灯油等が漏れ出して河川、用水路等に流出するなどの事故が多発しています。平成22年度に雫石町では、7件の流出事故が発生しました。原因は、ホームタンクコックのゆるみ、給油や移し替えのときに目を離したなどの不注意や地震などの衝撃や経年劣化等による配管の破損など設備の管理が不十分なこと、車両の整備が不十分なことによるものです。

特にホームタンクを設置している事業所や一般家庭の皆さんは油流出事故のため、次の点に留意してください。

・給油時はその場を離れない ・落雪・除雪作業による配管の破損に注意するほか、定期点検に努める

岩手県水質汚濁事故件数の推移.jpg

イメージ.jpg

 

河川は飲料水や農業用水、工業用水などに利用されるほか、さまざまな生き物が生息しています。油の流出は、これらの環境に悪影響を及ぼし、その処理に多くの経費を要します。(10数リットルの軽油漏れ事故の処理で約300万円かかる場合があります。)処理に要する経費は、原因者の負担になりますので普段から十分に注意しましょう。

 

油流出事故を発生させた場合や発見した場合

速やかに町役場または消防署などに通報してください。通報が早ければ早いほど被害の拡大が抑えられます。

通報先 雫石町役場環境対策課 692-6485
      盛岡西消防署雫石分署 692-6119
      盛岡西警察署雫石交番 692-2219

お問い合わせ

環境対策課