3B体操協会北東北地区合同研修会が開催されました

2014年7月30日

 7月30日(水)、雫石町営体育館アリーナを会場に、(公社)日本3B体操協会北東北地区(北海道・北東北4県)より3B体操指導者並びに会員約60名を迎え、合同研修会が開催されました。

 この研修会は、9月19日から21日にかけて、福島県各市町村にて開催される「第68回全国レクリエーション大会2014福島」にて、北東北地区として披露する演目を練習することを目的として開催されました。

 雫石町は、2016希望郷いわて国体において、デモンストレーション・スポーツ(※1)として3B体操を同会場にて開催することとなります。

 3B体操とは、(1)ボール・ベル・ベルターという3種類の道具(3つのBが頭文字の道具)を使う、(2)参加者に合わせ、無理のない範囲でストレッチや有酸素運動、筋肉トレーニングを行うことができる、(3)年齢や人数に合わせた体操ができ、赤ちゃんを含んだ親子ペアや幼稚園・保育園のレク、小中学校の児童・生徒から高齢者グループ、障がいのある方でも行える、といった特徴をもった体操です。

 今回の研修会に参加いただいた協会員の皆さんは、実際の全国レクリエーション大会での発表曲に合わせ、参加都道府県別でお互いの動きを細かくチェックしながら、リハーサルを実施していました。

※1デモンストレーション・スポーツ(通称デモスポ)
 国体開催期間中に行われる、子どもからお年寄りまで幅広く親しまれている、あるいは親しむことのできるレクリエーション・スポーツ行事のことです。

3B体操協会北東北地区合同研修会

3B体操協会北東北地区合同研修会

3B体操協会北東北地区合同研修会

3B体操協会北東北地区合同研修会

お問い合わせ

雫石町役場