雫石町精神保健ボランティアうぐいすの会が受賞報告をしました。 

2014年7月22日

 第35回岩手県精神保健福祉家族大会が7月11日(金)、久慈市で行われ、雫石町精神保健ボランティアうぐいすの会(上野眞由美代表)が、長年の活動の功績を認められ表彰されました。

 7月22日(火)、上野代表らが町役場を訪れ、深谷町長に受賞を報告。深谷町長は「素晴らしい活動に対し感謝。町として誇らしい」と讃えました。

 同会は、精神保健ボランティア養成講座の修了者らで平成14年2月に結成。精神障がい者生活教室(デイケア)や家族会の活動を継続的に支援するなど、精神障がい者の理解と啓発活動に努め、地域全体の精神保健福祉の向上に貢献されています。

うぐいすの会 受賞報告

お問い合わせ

雫石町役場