食品の放射性物質の測定を行います

2014年12月8日

食品などに含まれる放射性物質の測定を行います

町民の皆様の放射線の影響に対する不安を軽減するため、町では簡易放射能測定器を購入しましたので、食品等の放射性物質の測定を希望する方は下記によりお申込み願います。
ただし、簡易な測定器ですので、測定結果は一般食品のセシウム(134+137)の基準値(100Bq/Kg)の1/2以下であるか判定(スクリーニング)するものです。また、結果を証明するものではありませんのでご留意ください。

 

1.測定器

CAPTUS-3000A(アメリカ製のNaI(Tl)シンチレーション検出器による測定で厚生労働省の一般食品のスクリーニング分析法に合致する機器です。)

 

2.申し込み

  • 測定は、日時指定による事前の予約申込が必要です。(平成24年4月16日(月)から予約を開始します)
  • 予約申込は、1人1回当たり1試料です。
    (申し込んだ検査が終了するまで次回以降の検査は受付しません)
  • 予約申込受付は、午前9時00分から午後4時00分までに、環境対策課の窓口にお出でいただくかお電話をください。(土日、祝日は除きます。)
    電話番号 692-6485

 

3.対象者

町内に居住する方

 

4.測定するもの(測定試料)

  • 一般食品(飲料水、牛乳、乳児用食品以外の食品)
  • その他(飲料水、牛乳、乳児用食品、薪、木炭及び灰等の生活資材等については、町で購入した機器が一般食品用簡易放射能測定器ですので、低い精度の測定になりますのでご了承願います。)

 

5.測定時間と検出限界値

約20分測定で、セシウム約10ベクレル/キログラムとなります。
※検体によって差が出てきます。

 

6.測定試料の事前準備

測定試料は、次のとおり事前準備を行いお持ちください。
なお、お持ちいただいた測定試料、容器は、お返しいたしません。
また、購入したものは、包装紙もお持ちください。

 

食品、乳児用食品

新しいビニール袋に1kgまたは1ℓ入れてください。

  • 栽培品の場合、前日に採取してください。
  • 泥が付いた試料は、前日に水で泥をよく落とし水を切ってください。
  • 食品は可食部のみお持ちください。(魚、貝など注意)
  • 冷凍したものは、解凍して常温に馴染ませてください。

牛乳

よくすすいだ容器に、1ℓ入れてください。

井戸水等の飲料水

よくすすいだ容器に、1ℓ入れてください。

薪、木炭及び灰等の生活資材

新しいビニール袋に、細かく粉砕したものを1kg入れてください。

 

7.持込み場所

予約日の午前8時30分から9時までに環境対策課の窓口にお持ちください。
別添の申込書に必要事項をご記入いただきます。

 

8.結果のお知らせ

  • 持込み日から2日後に、窓口においでいただくか、電話でお問い合わせください。(2日後が土日、祝日の場合はその翌日)
  • 証明書は発行しません。
  • ご了解いただいた場合、個人情報を除き、町のホームページ等で公表します。

お問い合わせ

環境対策課