軽自動車税の減免について(平成29年度終了しました)

2017年4月6日

身体や精神に障がいのある人が所有する軽自動車や、公益のために直接専用する軽自動車などで、 一定の基準にあてはまる場合は、軽自動車税
(一人1台に限る)が減免になる場合があります。

※福祉タクシー助成券や自動車税の減免を申請している人は対象外です。

 

対象者について

身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人のうち、一定の基準にあてはまる人など。

 

対象となる軽自動車

1. 障がいのある人が所有し、本人もしくは生計を同じくする人などが運転する軽自動車。
  (障がいのある人が18歳未満の場合や、知的又は精神に障がいのある人の場合は、生計を同じくする人が所有する軽自動車も含まれます。)

   

2. 公益のため直接専用するものと認める軽自動車。

3. 構造が身体障がい者等の利用のためのものである軽自動車。

 

※障がい手帳の等級など、一定の要件があります。詳しくはお問い合わせください。

 

手続きの期間について

 

納税通知書がご自宅に届いてから、納期限7日前までの期間です。

平成29年度の申請期限は、平成29年5月24日(水)です。


※手続きは毎年必要ですので、希望する人は忘れずに申請してください。

 

申請時の必要書類

申請書に、次の書類を添えて提出してください。

 

1.障がいのある人が所有する場合

  • 軽自動車税納税通知書(納付書)
  • 各種手帳(身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳)
  • 運転する人の免許証
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑(認印も可)
  • 納税義務者のマイナンバーが分かるもの

 

2.公益のために直接使用する場合

  • 軽自動車納税通知書(納付書)
  • 運転する人の免許証
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑(認印も可)
  • 運行記録簿の写し(約3ヶ月分)
  • 納税義務者のマイナンバーが分かるもの

 

3.構造が身体障がい者等の利用のためのものである場合

  • 軽自動車税納税通知書(納付書)
  • 各種手帳(身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳)
  • 運転する人の免許証
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑(認印も可)
  • 車両の構造が障がい者等の利用に供するためのものである場合、それを証明する書類の写し
    (車両カタログなど)
  • 納税義務者のマイナンバーが分かるもの

関連ワード

お問い合わせ

税務課
電話:019-692-6483