年度途中で加入した場合や脱退した場合の税額

2014年12月4日

国民健康保険税は、通常7月に、その年の4月から翌年3月までの1年分の税額(年税額)を計算してお知らせします。
年度の途中で新規に加入した場合や家族全員が国保から脱退した場合は、年税額を加入月数で月割計算して、実際に納付いただく税額を算出します。

  • 年度の途中で加入した場合…加入した月から月割りで計算
  • 年度の途中で脱退した場合…脱退した前月の分までを月割りで計算

町民課へ加入、脱退の届け出をした翌月15日前後に月割り計算後の国民健康保険税納税通知書を世帯主あてに送付します。

なお、再計算により納めすぎの場合は後日還付になりますので、届け出を行った月が納期限の税額については、一度納付してください。

 

(1)税額が変更になる場合

次のような場合には、国民健康保険税の税額が変更になります

  • 世帯の中で国民健康保険に加入する人数が変わった場合
  • 修正申告などにより住民税に税額変更があった場合
  • 転入により加入した場合
    国健康保険税を算定する基礎となる住民税額が当町では不明のため、前住所地に照会します。住民税額が判明次第、所得割額を計算し、変更した納税通知書をお送りします。

 

(2)税額変更等に伴う国民健康保険税の精算方法

すでに納付いただいた税額と変更後の税額を比較し、納めすぎの場合は通知により還付または充当いたします。
不足分がある場合は、新しい納付書で納付をお願いいたします。

 

(3)加入の届け出が遅れた場合

遅れた分の国民健康保険税もさかのぼって納付していただきます。
たとえば、8月に国民健康保険に加入する資格が発生し、12月に届け出た場合8月分までさかのぼって国民健康保険税を納めることになります。
加入の届け出が遅れると、一度に大きな金額の国民健康保険税が課税される場合がありますので、遅れないよう届け出をしてください。 また、社会保険に加入しても国保脱退の届け出をしないと、国民健康保険税と社会保険料を二重に負担することになります。

加入や脱退の届け出は速やかにお願いいたします。

 

(4)住民税の申告が遅れた場合

住民税の申告が遅れた場合は、申告された所得をもとに、国民健康保険税が追加徴収(減額となる場合もあります)されることがありますので、遅れないよう所得の申告をして下さい。

関連ワード

お問い合わせ

税務課