国民健康保険税の納めかた

2016年7月27日

国民健康保険税の納税義務者

国民健康保険税は世帯主に課税されます。(加入者一人ひとりに課税されるものではありません。)

世帯主が国民健康保険の加入者でない場合(他の健康保険に加入している場合)でも、その世帯内に国民健康保険の加入者がいる場合には、その世帯主が納税義務を負うこととなります。(このような世帯主を「擬制世帯主」といいます。擬制世帯主分の国民健康保険税はかかりません。)

 

国民健康保険税の納めかた

国民健康保険税の納めかたは、普通徴収(納付書または口座振替)と特別徴収(年金からの天引き)の2種類があります。

 

国民健康保険税の納期
期  別 4月  5月 6月 7月 8月 9月10月11月12月 1月 2月 3月
普通徴収
(納付書または口座振替)
      1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期  
特別徴収
(年金天引き)
1期   2期   3期   4期   5期   6期  

 

普通徴収

 

納付方法と納付回数

納付書または口座振替により、年間8回で納付してください

対象者

特別徴収でない方

納期限

28年度の納期限は次のとおりです

 

期別第1期第2期第3期第4期第5期第6期第7期第8期
納期限 8月1日 8月31日 9月30日 10月31日 11月30日 12月26日 1月31日 2月28日

 口座振替の方は、7月~2月の毎月25日(土・日・祝日にあたるときは、翌営業日)に指定口座から振り替えます。 ただし、上記以外の期別(随期分・過年度分)で課税された場合は、口座振替にはできませんので、納付書により納めていただくことになります。

 

特別徴収

 

納付方法と納付回数

偶数月に支払われる年金(年間6回)から天引きします

対象者

つぎの要件1~3を満たす世帯主

  1. 世帯内の国民健康保険加入者全員が65歳以上75歳未満の場合(擬制世帯主(雫石町の国民健康保険以外の健康保険に加入している世帯主)は除きます。)
  2. 年額18万円以上の年金を受給しており、かつ介護保険料が年金から天引きされている場合
  3. 国民健康保険税と介護保険料の1回あたりの合計金額が、2か月に1回支給される年金額の2分の1を超えない場合

天引きする金額

期別4月6月8月10月12月2月
金額 仮徴収:前年度(前々年中)の所得をもとに算出した金額(前年度2月の天引き額と同じ) 本徴収:7月に決定した年間の国民健康保険税額から4、6、8月の仮徴収額を差し引いた額を残りの徴収回数で割った金額

※年度の途中で、75歳になる世帯主は、天引きの要件を満たしていても、納付書または口座振替で納めていただくことになります。
※天引きされている場合でも、世帯の国民健康保険加入状況や所得の更正などにより、納付書や口座振替で納めていただくこともあります。

特別徴収の方は「年金からの天引き」と「口座振替」の選択ができます。

関連ワード

お問い合わせ

税務課
電話:019-692-6402