啓明学園中学校(東京都昭島市)の生徒が農業体験をしました。

2014年5月13日

 東京都昭島市の啓明学園中学校の3年生81人が農業体験学習のため、雫石町を訪れました。

 JAカントリーエレベーター前で開会式を行ったあと、午前中は5班に分かれて、ミニトマト苗定植などの農作業体験をしました。

 午後からは全員で裸足になり田植え作業。初めての水田の感触に、生徒たちは歓声をあげながら手作業で苗を植えました。生徒たちからは「普段できないことなので楽しかった」、「すごい大変でお米のありがたみがわかった」などの感想が聞かれました。

 雫石町での啓明学園中学校の農作業体験学習は今年で20回目を迎え、1回目から田植え体験の水田を貸している川口 英敏さんは、「毎年、通常より田植えの時期が早く、水の管理など大変なこともあるが、よく20年も続けてくれた」と感慨深げに話しました。

お問い合わせ

雫石町役場