地域支援事業

2014年11月30日

~いつまでも元気に暮らすためのサービス~

地域支援事業は、地域にお住まいの高齢者が、いつまでも介護を必要とせず自立していきいきと暮らせるように、町が行う事業です。
(1)介護予防事業  (2)包括的支援事業  (3)その他の任意事業  で構成されます。

※サービスによっては費用の一部負担があります。

 

介護予防事業

 

支援が必要な人の把握

地域包括支援センターが、健康診査での生活機能のチェックや、主治医や民生委員などからの連絡、本人や家族からの相談などをもとに、要支援・要介護状態になる可能性のある方を把握します。

介護予防プランの作成

介護予防が必要であると判断された場合、地域包括支援センターの保健師などが高齢者本人と話し合い、本人の承諾を得て介護予防プランを作成します。

介護予防プログラムの提供

介護予防事業者などがプログラムを提供します。基本的に施設などに通ってご参加いただくものとなりますが、保健師などが自宅を訪問して、各種の指導をすることもあります。プログラム実施後に、介護予防の効果を確認します。

 

包括的支援事業

 

継続的な支援を提供

地域包括支援センターが、介護予防プログラム参加後に望ましい状態になっているかを確認しながら、高齢者を継続して支援していきます。

安心の暮らしを支援

総合相談窓口を設置しています。また、判断能力の衰えてきた方々の権利や財産を守り、虐待などがないよう総合的に支援します。

関連ワード

お問い合わせ

長寿支援課
電話:019-692-6476