児童手当

2014年11月29日

家庭における生活の安定と児童の健全育成に役立てるため、15歳到達後最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前の児童)を養育している方に手当を支給します。
手当は毎年2月、6月、10月の年3回、それぞれの前月分までが支給されます。

※平成24年4月1日より子ども手当から児童手当へ制度が移行しました。

 

対象になる人 中学校修了前の児童を養育している人
支給手当額 3歳未満 月額 15,000円
小学校修了前 月額 10,000円(第1子、第2子)
月額 15,000円(第3子)
中学校修了前 月額 10,000円
※前年の所得額が一定額以上となる方は一律月額5,000円となります。

 

このようなとき必要なもの
第1子が生まれました
  • 認定請求書(総合福祉課窓口にあります)
  • 印鑑
  • 振込希望口座のわかるもの(請求者本人名義の口座)
  • 請求者の健康保険者証または年金加入証明書(国民年金の方は不要)
  • 請求者及び配偶者のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カードと身元確認書類
雫石町に転入しました
  • 認定請求書(総合福祉課窓口にあります)
  • 印鑑
  • 振込希望口座のわかるもの(請求者本人名義の口座)
  • 請求者の健康保険者証または年金加入証明書(国民年金の方は不要)
  • 請求者及び配偶者のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カードと身元確認書類
弟、妹が増えました
  • 額改定認定請求書(総合福祉課窓口にあります)
  • 印鑑
雫石町から転出します
  • 支給事由消滅届(総合福祉課窓口にあります)
  • 印鑑

 

  • 児童と別居(住民登録上)している方は、別居監護申立書(用紙は総合福祉課にあります)と、児童が属する世帯全員の住民票及び児童のマイナンバーのわかるものが必要です。
  • 支給対象となっている児童(中学校修了前の児童)を監護しなくなった場合には「額改定届」の提出が必要です。
  • 第1子、第2子等は、18歳到達後最初の年度末まで(高校修了前)の間にある児童の数となります。

 

<所得制限>※6月以降分手当から適用されます
扶養親族等の数所得制限限度額(万円)
0人 622
1人 660
2人 698
3人 736
4人 774
5人 812

関連ワード

お問い合わせ

総合福祉課
児童グループ
電話:019-692-6477