転入届

2014年11月19日

他の市町村から雫石町に住所を移すときは、雫石町に住み始めてから14日以内に、窓口に備え付けの「住民異動届」に記入のうえ転入届をしてください。

 

届出をする人

  • 本人
  • 世帯主
  • 同一世帯人
  • 代理人※委任状が必要になります。

 

必要なもの

  • 雫石町に引っ越しする前の住所地市区町村から交付された「転出証明書」もしくは「転出証明書に準ずる証明書」
  • 手続にいらっしゃる方の印章及び身分証明書(官公庁が発行した本人の顔写真が入ったもの。運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・身体障害者手帳など)なお、上記の身分証明書をお持ちでない方でも手続はできますので、窓口にその旨申し出てください。
  • 関連手続がある場合には、それぞれ必要なものをご確認のうえ用意してください。(年金手帳や健康保険証など)
  • 住民基本台帳カード

(海外からの転入の場合) ※海外から帰国された方は、転入の手続に必要な「転出証明書」の交付を受けることができません。そのため、手続には次のものが必要になります。

  • パスポート
  • 戸籍謄本(本籍が雫石町の場合は不要です。)
  • 戸籍の附票(本籍が雫石町の場合は不要です。)

 

手続き

窓口に備え付けの「住民異動届」に記入のうえ提出してください。
※事前に、雫石町に引っ越しする前の住所地市区町村に転出届をして「転出証明書」の交付を受けてください。

 

婚姻届などの戸籍届と一緒に手続きする場合

平日の8時30分から17時15分までは、戸籍届(婚姻届など)と同時に転入の手続をすることができます。その際、届書の住所は新住所を記入します。

 

その他

  • 転入届をされますと、新住所が記載されている住民票を即時発行できます。
  • 印鑑登録は住民登録地での登録になりますので、前住民登録地で登録していたものは抹消されます。そのため、雫石町で新規に登録が必要になります。
    ※手続の方法は「印鑑登録」をご確認ください。
  • 住民基本台帳カードの継続利用を希望される方は「住民基本台帳カードの継続利用」をご確認ください。

関連ワード

お問い合わせ

町民課
電話:019-692-6470